2017-10

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_footer
entry_header

私の宝物

私の好きな風景・・・

好きな風景というよりも、なぜかいつも懐かしく思い出す風景があります。
それは、子供の頃の思い出。

白いちょうちょうがたくさん飛んでいた近所のキャベツ畑

ピンク色のれんげの花におおわれた田んぼ
れんげの花で腕輪や冠を作りました

れんげの隣の田んぼでは、ザリガニやおたまじゃくしを取って遊びました
田んぼに長靴を取られて、ついにははだしでズブズブズブ
泥の感触が気持ち悪くもあり心地よくもあり^o^

たくさん捕ったおたまじゃくしが、ある日突然消えていて
後で、おたまじゃくしがカエルになったんだと知りました(笑)

晩秋の頃、原っぱのススキに囲まれて、じっとたたずみながら聞いた風の音

仮面ライダーごっこをしていたあの日、柵の上に登って見た大きな夕日(^o^)/
家に帰る時間を夕日の位置で覚えていました

ごくごく当たり前の風景だけど、これらの風景は、私の原点のような気がします。
その風景を思い出すと、とても優しい、素直な気持ちになれます


大人になってからは、山頂から見渡す山、山、山
どこまでも続く山並み
地球は丸くて、その丸い地球に、私は今立っているんだなぁと、
思わず、「わっはっはっは」って笑いたくなるような開放感


考えていると次から次へと思い出されてきます。
こんなにたくさんの風景を見てきたんだなぁと、改めてびっくり
どれも大切な宝物です

これからの世代である子供たちにも、そんな風景をたくさん経験して欲しいなと思います。


あなたが好きな風景について、よろしければ教えてください☆
世界は愛娘を中心に回っている!! 管理者:パンとぶどう酒


パンとぶどう酒先生のご指導の元、トラックバックしてみました。
ちゃんとTBできているだろうか・・・



にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
entry_footer
entry_header

COMMENT

どれも大切な宝物ですよね^^

> ごくごく当たり前の風景だけど、これらの風景は、私の原点のような気がします。
その風景を思い出すと、とても優しい、素直な気持ちになれます

= 同感です。私の気持ちを代弁してもらえたような話、
胸のつっかえがとれた気持ちになれました♪

私の懐かしい風景の中にもレンゲの花が出てきます。
れんげの花で腕輪や冠は作ったことがありません。
少女時代の美しい思い出ですね♪

> 田んぼに長靴を取られて、ついにははだしでズブズブズブ

= 足が感触を憶えています。
妙に温かかったりするんですよね^^

ザリガニ、男の子はよく捕まえて遊びました。
女の子は、私の記憶ではザリガニを一緒に捕まえたことがありません。
beneyanさんは、おきゃんな女の子だったのですね☆

仮面ライダーごっこ、私はできませんでした。
変身ベルト、買ってもらえませんでした(泣)
仮面ライダーに変身したかったなぁ~!!
いつも背中に風呂敷を結んでもらって、マントにして
玩具の刀を持って、チャンバラごっこして遊んでいました。

トラックバックありがとうございました。
のちほど、トラックバック返しさせて頂きます。
PS. トラックバック、ゆりママさんや♪ねこ♪さんにも
送信されたらどうでしょう^^
送れる時には、どかーんと送った方が楽しいでーす☆

こんにちは☆
どの風景も、とっても懐かしい光景で、まるで目に浮かぶようです!

子どもの頃、横浜に住んでいました。
今は地下鉄も通って、すっかり街になってしまいましたが、
私が、幼稚園に徒歩で通園していた頃はまだ、
住宅だらけの丘の上に登っていくと、
どどーーーん!と大きなキャベツ畑が広がっていて、
モンシロチョウがいっぱい、ひらひらしていました。
(学生の頃、ひとりで横浜へ行ったとき、
記憶をたよりに歩いてみたら、まだその畑があって驚きました)

そんな頃は、家の周囲には田んぼはなかったけれど、
春休みに祖父母の家のある田舎(今、私たちが住んでいる地方です)に
帰省すると、田んぼにレンゲの花がいっぱい咲いていました。
春休みは、レンゲの花冠の編み方を、祖父母の家の近くの子に
教えてもらい・・・
夏休みには、おたまじゃくしの卵をアミですくって持ち帰って、
母や伯母に叫ばれたり、ヤゴを捕まえたり、
オニヤンマのキレイな目に見とれたり(指を出したら、アゴで噛まれました)、
なかなか掴めない蛙を追いかけたり、ザリガニ釣りしたり・・・
冬休みには、あぜ道の霜柱を踏んで歩いたり、
刈りいれが済んだ田んぼに入って、キャッチボールしたり。

子どもの頃って、長いお休みが退屈だったけれど、
今、その頃のことを思い出すと、何となくキラキラしているように感じるから
不思議です。
田舎に帰って自然のなかで、従兄妹たちと遊ぶのは、本当に楽しかったです。
いつも、自分の家に帰るのがイヤで、おばあちゃんと離れるのが淋しくて、
帰りは泣いちゃったなぁ・・・。

なんだか温かくて、ちょっぴり切ない、
子どもの頃のいい時間を、思い出させていただきました。
ありがとうございました☆

トラックバック(今回は色々とサボって、言及リンクを入れてないのですが)させてくださいね♪
このコメントを打ち終わったら、送信させていただきます☆
よろしくお願いします。

パンとぶどう酒さん、♪ねこ♪さんへのお返事です。

>パンとぶどう酒さま

> = 同感です。

気持ちがわかってもらえて嬉しいです。
振り返ってみて、子供の頃の経験って大切だなって思います。

> = 足が感触を憶えています。
妙に温かかったりするんですよね^^
beneyanさんは、おきゃんな女の子だったのですね☆

冷たいと思っていた泥が妙に暖かくって、不思議でした。
太陽のぬくもりか、大地のぬくもりか。
いろいろなことを肌で感じることで、学校では教わらない、大切なことを教えてもらっていたような気がします。

子供の頃はお人形よりも、ザリガニやカブトムシが好きでした(笑)
女の子ではなくて、男の子になりたいと思っていました(笑)
コメントどうもありがとうございました^o^


>♪ねこ♪さま

> 子どもの頃、横浜に住んでいました。

記事に出てくる風景はみんな横浜の風景なんです。
横浜といっても田舎の方なので、田んぼや畑、雑木林がたくさんあって、探検ごっこなんかもできたりしました。

最近ではすっかりマンションが建ち並んで、思い出の風景は姿を消してしまいましたが、その分、心の中にある風景がとても大切に思えます。

> 今、その頃のことを思い出すと、何となくキラキラしているように感じるから不思議です。

そうですね。
子供なりに悩みや葛藤もあったけど、今よりも素直に喜んだり怒ったり、気持ちもキラキラしていたように思います。

そんなキラキラは、♪ねこ♪さんやウサコさんにも感じます♡

> いつも、自分の家に帰るのがイヤで、おばあちゃんと離れるのが淋しくて、帰りは泣いちゃったなぁ・・・。

私も家に帰りたくなくって、駄々をこねて母を困らせていました。
そんな時は、いつも甘栗を買ってもらうことを条件に、帰ることを承諾していました(笑)
食べ物に弱いのは、今も昔も変りません(笑)

トラックバックどうもありがとうございました。
ちゃんとできるかどうかわかりませんが、トラックバック返しさせていただきます。うまくできなかったらごめんなさい(><)

遅くなりましたが、トラックバックありがとうございました♪

記事の風景は横浜だったんですね!
東京だとばかり思っていました。

私が住んでいたところは、三ツ沢公園からもう少し
新横浜の方へ行ったあたり・・・
今なら、市営地下鉄の片倉台の駅のあたりです。
丘の上に立ち並ぶ、大きな団地に住んでいました。

その頃は、まだ、団地には子どもがいっぱいで
私の妹は2歳で鍵を首からぶら下げた鍵っ子になっていましたが、
誰かに誘拐されるなんて心配もなく、
のんびりあちこちの家にお邪魔しながら、
私の学校からの帰りを待っていたみたいです。

団地のなかの公園も道も安全で、
今ほど車もいなかったので、道で友達のお父さんとキャッチボールしたり、
ローラースケートで団地中を走り回ったりしていました。
今みたいな不審者なんて考えられなくって・・・
唯一、不審者扱いされたのが「口さけ女」(笑)
みんなが怖がって、16時半頃には家に帰るようになったのを覚えています。
いい時代でしたね。

団地の外れまで行って、丘の下を見下ろすと、
ちょっと怖いくらいの一面のすすき野原でした。
私が横浜から引っ越す9歳の夏頃には、
そこにたくさんの重機が入って、宅地造成が始まっていました。
大人になってから歩いてみたら、一面の野原は、
見渡す限り、家の屋根に代わってしまっていて 何だか淋しく感じましたよ~☆

ついつい、懐かしくなって、いっぱいお喋りしてしまいました(笑)

>♪ねこ♪さま

> 私が住んでいたところは、三ツ沢公園からもう少し
> 新横浜の方へ行ったあたり・・・
> 今なら、市営地下鉄の片倉台の駅のあたりです。

三ツ沢公園ですか!
高校生の頃に体育大会か何かで行った事があります。
もしかしたら、似たような風景を見ていたのかもしれませんね^^

私の住んでいた団地も、同じくらいの年の子供がたくさんいました。
夕方暗くなるまで泥だらけになって遊んで、帰りが遅くなって叱られたことも(笑)

そういえば、団地の前の道路では自転車の競争をしたり、父親とキャッチボールもしたなぁ。

「口さけ女」いましたねぇ(笑)
ただの噂だと思ってはいても、やっぱり怖かったです(笑)

懐かしい風景をたくさん思い出しました^o^

> ついつい、懐かしくなって、いっぱいお喋りしてしまいました(笑)

とても懐かしいお話をありがとうございました。
なんだか子供の頃に帰ったみたいで楽しかったです!

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_footer
entry_header

TRACKBACK URL

http://ikasarete.blog.fc2.com/tb.php/104-c9369eac

entry_footer
entry_header

TRACKBACK

私の好きな風景

以前、死をテーマにして記事を作成したことがあります。 何のために生まれてきたのか? (当ブログでもっとも重い、マニアックな拍手欄を設置している記事です☆) GW期間中、私...

  • 世界は愛娘を中心に回っている!!
  •  2013/05/23 12:53
  •  top△
entry_footer
entry_header

TRACKBACK

大好きな景色~想いをこめて。

先日、★肩越しに見る景色~紫★というタイトルで 最近のデートを書いたけれど、 これから一緒に見たい・・・と願う景色も、 それとは逆に、一緒に見たかった・・・と思う景色も...

  • ♪ウサコさんと私〜虹色ハッピーライフ♪
  •  2013/05/23 15:27
  •  top△
entry_footer

side menu

side_header

プロフィール

beneyan

Author:beneyan
2012年4月17日に乳がんと診断され、左胸全摘手術。リンパ節転移なし。ルミナルA。現在ゾラデックスのホルモン療法中。

同じ乳がんでも良い性格の癌だと主治医に言われました。
でも時々、気持ちが折れそうになると、手術をしてくれた先生や、お世話をしてくれた看護師さんたちのことを思い出します。

私の命を助けてくれた人たちがいる、みんなが助けてくれたこの命を大切にしなくてはいけないと思うんです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

いらっしゃいませ

ようこそ

ブロとも一覧

side_footer

side menu

side_header

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

気になる一言

私の本棚

ブクログ

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

side_footer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。